« ピリオド楽器とピリオド奏法 | トップページ | 「悲愴」弾いた。バロックチェロで。 »

2008/08/23

バロックチェロ演奏用の椅子

今更ながら、椅子の話です。

バロックチェロを演奏するときは、エンドピンがないために両足で支えないといけません。そうなると、モダンチェロを演奏するときよりも低い椅子が必要になります。これは、バスガンバの演奏時も同じです。

今までは、よくある「背もたれ付きピアノ椅子」を使っていました。モダンチェロしか持っていないときに購入したもので、座面は一番下げた状態で使用。高さは42cmでした。これでバロックチェロやバスガンバの演奏を長時間すると、足が痺れたりしていました。
演奏用の低めの椅子は、MUSICA ANTIQUA SHONANやYahooオークションで手に入ります。どちらも本格的な楽器演奏用なので、がっちりとした造りでお値段もそれなりです。

もっとお手軽なものがないものか、と色々探しました。
・高さ35cmの檜のお風呂椅子
・高さ37cmの籐の丸椅子
・高さ40cmのアルミ製お参り椅子
などなど。どれもピンときません。

その中で、目についたものがこれ。

椅子ではなく足台ですが、高さが39cmと結構いけてます。おまけに折り畳みできて、重さ1.7kgとお手軽。価格もお手頃なので、早速買いました。

結果、大満足です。高さは、これでジャストフィット。
組み立ては、座面を広げるだけのワンタッチ。上から重さがかかると安定する構造で、座ればぐらつきもなくしっかりとしています。畳むときも、座面中央の持ち手穴からぶら下げるだけで、本当にワンタッチ(ノータッチといいたいくらい)。重さが大きめのモバイルノートと同じくらいというのも嬉しい。チェロと一緒に持ち運びできそうです。

4色ありますが、人前で使用するのであれば黒がお薦めです。

|

« ピリオド楽器とピリオド奏法 | トップページ | 「悲愴」弾いた。バロックチェロで。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72939/42250787

この記事へのトラックバック一覧です: バロックチェロ演奏用の椅子:

« ピリオド楽器とピリオド奏法 | トップページ | 「悲愴」弾いた。バロックチェロで。 »